体験・講習会

空撮講習会が終了しました。(国交省航空局の講習団体認定 1周年 平成30年9月27日(木)先着20名様限定 空撮講習会を開催しました)

当校は、平成29年9月1日に航空局ホームページに掲載されました認定講習団体の「ヤカタ興業株式会社(川越自動車学校ドローン・防災パイロットアカデミー)」です。
三重県公安委員会から指定を受けた自動車学校ですので、各種設備や指導教育のノウハウを備えております。当校の証明証は特典があります。関連会社でドローンを含めた映像機材等の購入料金や自動車学校の教習料金の割引も受けられますよ。

NHKの番組や、テレビCM、池上彰の番組、また映画八重子のハミングといった撮影経歴があります、白澤哲浩 氏 を講師として空撮講習会を開催します。

空撮講習会のご案内と参加条件
1 :開催日時 平成30年9月27日(木)9時~16時
2 :開催場所 川越自動車学校 (当日雨天の場合、操縦技術のみ別場所で実施)会場へのアクセスはこちらのMAPをご参考ください
川越自動車学校 
3 :開催内容 空撮について(空撮に対する考えや心構え、機種別機能、撮影方法など)
4 :受講料  非会員料金100,000円(税込)、会員料金90,000円(税込 年会費5,000円含む)、当校修了者料金80,000円(税込)

※ 受講料は、当日持参OK。なお振込みの場合の特典として、受講日当日に5,000円のキャッシュバックをいたします。ただし、振込みの際には、必ず受講される講習日の2日前までにご入金ください。また会員(当校修了者含む)になられる場合は、ドローンを含めた映像機材等の購入や自動車学校でのサービスも受けられます。(振込手数料はご負担ください。)
振込先 三重銀行 川越支店 普通 202011 ヤカタコウギョウ(カ

5 :この講習会は、飛行経験8時間以上の方を対象
(ヤカタ興業株式会社 川越自動車学校ドローン・防災パイロットアカデミーの中級修了者の方は参加できます)
6 :先着20名限定
7 :ご自身の機体を使用しての講習会 (Mavic Pro でも可で、ただし賠償保険に入っていること。なお、機体によってはお断りする場合もありますので、ご了承ください。お問い合わせは、平日9時から18時まで(川越自動車学校の休校日を除く) 059-364-4188
8 :機体のレンタルを希望の場合は、レンタル機体(5,000円 税込)でのご参加が可能
(講習会までに、このmDRONEのサイトでドローン等をご注文またはご購入いただいた場合は、レンタル機体代は、今回無料とさせていただきます)
9 :今回の空撮講習会の受講者には、修了書を発行します。
10:他の講習団体等で講習を受講されている方は、申込みの際に、他の講習団体名、修了書または技能認定証明証のコピー(メールの場合はPDF、または JPEGでの添付)を必ずお願いします。(当校の書類作成に必要のため)

申込方法
1:下記の講習会参加用紙をメール (info@m-drone.jp)または FAX (059-365-7276)でお申込みください。
 受付を終了しました。(H30.9.27 空撮講習 エントリー書類)
(メールの場合は件名に、空撮講習会参加 と記載して用紙を添付してください)
2:申込締切 平成30年9月21日(金)必着
なお、今後も空撮講習会を開催していきますが、お早目にお申込みください。

無線従事者資格も川越自動車学校(三重)で取得できます

近年、ドローンの利用率が上がったことで、2016年8月に電波法が改正されました。
これによって新しく設定された周波数帯をドローンで使用する場合には、「第三級陸上特殊無線技士」の資格が必要となりました。

無線技士の免許は国家資格です
陸上特殊無線技士は、陸上の無線通信を業務で行う際に必要な国家資格です。多重無線設備を除く固定局、基地局、鉄道無線・タクシー無線等の基地局や陸上移動局、携帯局等の業務無線等を仕事で使用される方の無線従者免許取得をサポートしています。

2種類の無線技士の免許取得がおすすめです
近年のドローン普及率の高さを鑑みても、第三級陸上特殊無線技士の資格は取っておいて損はないと言えますが、同時に取得しておきたいのが「第四級アマチュア無線技士」です。
ドローンには「FPV」という機能がついたものがあります。これは「First Person View」の略で一人称視点を意味します。ドローンに搭載したカメラの映像を手元で見ながら操縦できるという意味で、空撮やより高度な操縦を楽しむためには必須の機能となります。この「FPV」機能を使うには、カメラ映像を電波で飛ばす必要があり、趣味として活用する場合はアマチュア無線技士の資格、業務として活用する場合には陸上特殊無線技士の無線従事者免許がそれぞれ必要となります。

「遠くまでドローンを飛ばして本格的な操縦を楽しみたい」
「将来的にドローンを生業としたい」といったことを考えている場合は、第三級陸上特殊無線技士と併せて第四級アマチュア無線技士の資格も取得しておくことをおすすめします。

 川越自動車学校を講習会場として行う日程(各定員数44名まで)

◆第四級アマチュア無線技士 養成課程講習
( 申込受付期限 9月14日(金)受付は現在しておりません。開催日10月7日(日)・8日(月) )
一般:21,000円、20歳未満:13,800円、16歳未満:11,200円

( 申込受付期限 11月1日(木)) 開催日 11月24日(土)・25日(日) )
一般:21,000円、20歳未満:13,800円、16歳未満:11,200円

◆第三級陸上特殊無線技士 養成課程講習
( 申込受付期限 9月28日(金)受付は現在しておりません。開催日 10月21日(日) )
一般:19,750円、20歳未満:14,750円
次回の開催も予定しておりますが、発表された際には、お早めにお申し込みください。
また今後、当校で受講されたい場合は、その旨をメールでお問い合わせください。

無線技士養成課程講習の仮お申し込みは、川越自動車学校のトピックスからお願いします。