法人の方へ

ビジネスにドローンを活用


注目されるドローン

農薬散布などで利用されるラジコンヘリコプターは、取り扱いが難しく機体も高額でした。
ドローンは、操作性の高さや機体価格の安さ、そして何よりも空中でピタッとホバリングを維持することができるほど安定した飛行性能が魅力とされています。
ドローンが広く認知されはじめ、技術の進歩と共に様々な機体が登場すると、ビジネスにドローンを活用する動きが急速に高まりつつあります。

空撮(写真・映像)

最も知られたドローンの活用方法といえば空撮です。従来はヘリコプターなど大掛かりな手段が必要だった上空からの撮影を容易にしました。この空撮を使うことで様々なビジネスにドローンを活用することができます。

土木関連の測量

建設現場などの上空から撮影した写真画像を解析することで、地形の形状を解析し写真測量を行うことができます。広大な土地の測量でも、數十分の飛行によって完了させることができ、従来の地上からの測量に比べて大幅にコストダウンができます。

調査・点検

橋梁、建物壁面、煙突など人間が近づくことが難しい場所の調査や点検にドローンを活用できます。人間であれば危険が伴う場所でも、無人のドローンであれば安心です。私たちの日々の安心にも、ドローンが大きく貢献しています。

空中散布

農薬の空中散布などにも活用されています。従来の農薬散布用のラジコンヘリコプターに比べて、操作がしやすく安定性も高いため活用が広がっています。ドローンは様々なアタッチメントを装備することで、活用方法が無限に広がります。

多様なメーカーの登場


国内外で様々なメーカーの登場

ドローンのメーカーで最も有名なメーカーといえば「DJI」です。創業から10年足らずのDJIは、今や世界シェアの7割程を占めるとも言われる存在です。他にも、「Parrot」や「3D Robotics」などのメーカーがあります。それらはすべて国外のメーカーですが、国内では「PRODRONE」が産業向けのドローンメーカーとして注目されています。

日々進化し続け新しい機体が1年に数機も登場

メーカーの中でもDJIは、毎年新しい機体をリリースしており、その度に性能が向上しています。飛行時間も長いものでは40分を超えるものもあり、今後もさらに進化を続けると思われます。

様々なリスクへの備え


ドローンが有名になった事件

首相官邸の屋上へドローンが墜落した事件をきっかけに、日本では広く一般の方がドローンという存在を知ることになったのではないでしょうか。それ以降も、テレビなどのメディアではドローンの活躍以上に、ドローンの墜落事故などをセンセーショナルに報じることが多く、ネガティブな印象も一部には広がってしまったことも事実です。

注目される今だからこそ事故への備えが重要

良い意味でも、悪い意味でも注目を集めるドローン。これをビジネスに活用するには、最大限のリスクへの備えが必要不可欠であると言えます。近年ではドローンに対する法整備も進み、不用意に飛行を行った結果、法律違反を犯してしまう可能性もありますので注意が必要です。

そもそも事故を起こさないためのトレーニングが重要

車を運転する場合、練習と資格が必要なように、ドローンも同様です。個人での利用であっても当然ですが、ビジネスとして利用するのであれば尚更しっかりとトレーニングを受けて、事故のないようにしなければいけません。日本国内では、様々な講習・トレーニングのプログラムが登場しており、操縦技術を身につけるための体制は整いつつあると言えます。

mDRONEがサポート


ワンストップでドローン活用を支援

ドローンの活用に関する総合的なコンサルティングから、実際の機体の調達、操縦者のトレーニング、アフターフォローといったソリューションをワンストップで実現します。ドローンのメーカー企業は首都圏に集中しておりますが、三重県で地域に根ざした当社だからこその細かなサポートが可能です。

マルチベンダーなので最適な製品を選択できる

当社はDJI製品だけを扱うのではなく、PRODRONEの正規特約店でもあり、マルチベンダーとして様々なメーカーの製品を取り扱いしております。製品の特徴に合わせて、お客様に本当に最適な製品をご提案することができます。またご購入頂いた製品については、直接メーカーからのサポートも受けられますのでご安心ください。

一般社団法人三重県ドローン協会とも連携

ドローンの普及促進や災害時の活用を目的として設立された一般社団法人三重県ドローン協会とも連携しており、業務の相談に関する情報の共有を行っています。

ご相談事例


災害発生時の備えに購入、機体の選定を相談【製造業/防災】

事業継続計画(BCP)の一環として、万が一の災害発生時に、自社工場の被害把握を迅速化するためにドローンの導入を決定。導入決定後、どのような機体が良いかや、保管方法について当社からサポートを実施。適切な機体選びや最適な保管場所の策定を支援。

すでに機体は購入済みだったが講習のみ受講【製造業/調査】

自社工場内設備の老朽化点検のためにドローンを購入。購入自体はインターネット経由で自社で行ったが、いざ飛行をする際に、うまく操縦することができずに一旦断念。その後、当社にて講習を操縦者数名に受講いただき、操縦技術を身に付けた後、活用開始に至った。

写真撮影の幅を広げるために空撮を導入【写真業/空撮】

フリーランスとして写真撮影を行うカメラマン。これまで空撮の業務は依頼があっても受けられなかったが、業務の幅を広げるために導入を決意。当社へご相談の上、機体と必要なアクセサリー類を購入。その後、講習も当社にて受講したことで、無人航空機操縦技能証明証が獲得でき、飛行申請がスムーズになった。

イベントでの出し物として小型ドローンを購入【サービス業/遊戯】

親子向けのイベントにて、出し物としてドローンの飛行体験を実施。そのための機材準備や安全性の確保について当社より支援。操縦がかんたんで子どもにも体験しやすいミニドローンを提案し購入。ネットの配置など、安全面への配慮についてもサポート。

お気軽にお問い合わせください


お問い合わせフォームへ